電磁波 嫌がらせ 空き家問題 近隣トラブル

電磁波 嫌がらせ 空き家問題 近隣トラブル

全国的に空き家が問題になっています。
加速する人口減少の影響は社会保障制度の崩壊や労働力不足だけにとどまらないようです。
空き家の急増は加速の一歩をたどっており、20年後には全国各地でゴーストタウン化が進むとことになります。

 

空き家からの嫌がらせ ストーカー 監視

空き家数は2033年に2147万戸に達し、総住宅数に占める割合は30.2%に上ると考えられています。
総務省によると、13年の空き家数は約820万戸で、割合は13.5%と言うことです。

国立社会保障・人口問題研究所によると、世帯数は19年の5307万をピークに、33年には5.3%減の5027万に減る見通しのようです。
国税庁によると、日本の木造住宅の耐用年数は22年で、鉄骨鉄筋コンクリートの住宅でも47年となっているようです。
国土交通省によると、国内の中古住宅は一律に築後20年から25年で建物の市場価値がゼロになる慣行があり、
それに伴う中古住宅市場活性化の阻害要因になっているのです。

 

盗聴 盗撮 思考盗聴 監視対策 社内トラブル ストーカー

空き家は、いやがらせや犯罪の温床となる危険も潜んでいます。
監視行為などにもちょうど良い場所なのです。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、 電磁波測定をご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。
トラブルの解決もご依頼ください。 土日祝日の調査もご相談ください。
電磁波 集団ストーカー 思考盗聴 音声送信 ※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。