監視対策 ドローン 電磁波

監視対策 ドローン 電磁波

ドローンと言えば、カメラを搭載して監視対策にも利用される無人飛行機です。
衝突したり、電波の交錯などで落下するなどトラブルも多いドローンですが、
進化しているようです。

 

新作 羽根のドローン 盗撮

カリフォルニア州スタンフォード大学の研究チームが新しいドローンの開発に踏み切りました。
鳥に習って壁に激突した後でも、形を変えて飛行を維持することができる機械の翼を開発したそうです。
ドローンの羽根を何度も何度もどんなに激しく叩いても、羽根は必ず回復し、はためくのを止めないと言うものです。
最新型センサーを装備したドローンであっても、不可避の事態は避けられず、何らかの時点で何かにぶつかることになります。

同大学院生で研究者のアマンダ・ストワーズ氏は、
「どんなに事前処理やセンサーを施しても、時折モノにぶつかる可能性はまだ残っており、そうなれば致命傷となるかもしれません。ですから、物体に衝突した際にも耐えうるよう頑丈に出来ていれば、もっと危険な環境にも行くことができると期待されます」と話しています。
ドローンは、ヘリコプターや固定翼機に習って設計されているが、そのどちらも空中衝突には絶えられません。
衝突に耐え飛行を維持できるメカニズムの開発を試みた結果、鳥の翼に行き着いたそうです。

 

道路ストーカー 思考盗聴 監視

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。