ゲーム 個人情報漏洩

ゲームから個人情報の流出

個人情報の管理は、たいへん難しいですね。
多くの個人情報は、パソコンで管理されています。
そのパソコンを操作できる人物であれば誰でも持ち出すことが出来るでしょう。
そうならない為の管理が出来ている会社は、どれだけあると思いますか?
そのパソコンは、インターネットに繋がっています。
ウイルスに感染することで遠隔操作される恐れもあるのです。

 

タカラトミー ゲーム大会参加者 個人情報紛失

タカラトミーと小学館集英社プロダクションは、カードゲーム大会参加者の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表しました。
このUSBメモリーの中に入っている個人情報は2888人分だと言われています。
氏名、住所、電話番号、年齢、学年などの情報が入っているそうです。

対象となったのは、
「デュエル・マスターズ全国大会2014デュエマ甲子園 全国店舗予選」です。
エリア代表決定戦出場権を確保した個人の情報が入っていました。
昨年12月23日に京都市内で開かれた関西大会の時に運営協力会社「エスピーブレイン」の社員から紛失の報告を受けたそうです。
すでに、昨年末に対象の大会参加者におわびの手紙を送付しています。
現時点では情報の漏洩(ろうえい)は確認されていないそうです。

 

個人情報の管理 盗聴調査 盗撮調査 電磁波測定

情報の漏洩が確認されても公にされない可能性があります。
個人情報の売買は、公にされるものではありません。
買う方も、売る方も内密に行います。
そして、利用するのです。
情報の漏洩問題は、これからもっと増える可能性があります。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定のご依頼はアイ総合コンサルタントへどうぞ。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。