原因解明 困難

原因解明 困難

原因を解明したり、究明することは時間も費用も掛かるものです。
諦めては何の主張も出来ません。
嫌がらせにしろ、攻撃にしろ
被害を主張するためには、何が原因でどんなことが起こっているのか、
誰から行われているのかをはっきりとさせる必要があります。
やみくもに何でも主張しただけで通ることは、無いのです。
諦めずに頑張りましょう。

 

司法解剖 休止

弘前大学大学院医学研究科法医学講座で司法解剖を担当してきた46歳の執刀医が本年度末で退任するようです。
そして3月から同大での司法解剖ができなくなるといいます。
弘大では、法医学講座の教授を募集していますが応募は今のところ有りません。
県警は、司法解剖を秋田大や岩手医科大などに依頼する方針だそうです。

事件性の疑いのある死体について県警の委託を受けて死因の究明を行っています。
2009年からは1人となり、同年11月から2011年3月末まで、解剖の受け入れを休止した経緯があるようです。
県警はこの間も、秋田大、岩手医大に司法解剖を依頼していた。
2011年4月、最後の准教授が弘大に赴任してきましたが教授とともに2人体制で年間200件前後の司法解剖を行ってきたが、教授は昨年6月末で退職しており、准教授が1人で、月に20件程度の司法解剖を行ってきました。
准教授は4月から、東京の杏林大保健学部救急救命学科の教員に就任する予定です。
3月途中から休暇に入るため、同月から弘大の司法解剖はできなくなるといいます。

県警捜査1課の次長は
「死因究明に関するアドバイスを身近な法医学の先生から受けられなくなることは非常に残念。捜査には支障をきたさないようにする」と話しています。

他県での司法解剖となると、アクセスが大変で、仕事の円滑さがなくなる。
物理的・心理的な距離感により、司法解剖に二の足を踏むケースが出てくるかもしれない。
など遺族の死因究明の要望にこたえられないケースが出てくることが懸念されると言う声もあります。

 

事件の原因究明

事件が起きた時は、原因の追究を行う必要があります。
電磁波の攻撃も誰から受けているのか、どのような被害に遭っているのかなど因果関係をはっきりさせる必要があります。警察が行ってくれることは無いでしょう。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のご依頼は、アイ総合コンサルタントへ。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。