GPS追跡

GPS追跡

位置情報システムGPSを使った追跡が問題になっています。
子供の行方を把握するためなどに一部の携帯電話にも利用されています。
浮気や不倫を疑った者がパートナーの行動を詮索するためにこのGPS機能を使うこともあります。
プライバシーの侵害として、人間関係のさらなるトラブルの勃発にもつながっています。

GPSとプライバシー

愛知県警に無断で自家用車に全地球測位システム(GPS)端末を取り付られたことによる、
プライバシーを侵害されたとして、名古屋市守山区の21歳の男性が県に約140万円の賠償を求めた訴訟を起こしていました。
19日第1回口頭弁論が名古屋地裁で行われ、愛知県は請求の棄却を求めました。

訴状によると、21歳の男性は今年3月中旬、自宅マンションの駐車場に止めていた乗用車に、磁石とともにGPS端末が取り付けられているのを発見しました。GPS端末は大手警備会社が貸し出しているものでした。約1週間前に確認した際には取り付けられていなかったということです。相談を受けた弁護士が愛知県弁護士会を通じて警備会社に照会したところ、県警がGPS端末を借り受けていたことがわかったという。

原告側は、車の動きを監視する捜査は現行法では認められておらず、違法だと主張。約1週間にわたって行動を監視され、プライバシーを侵害されたことの慰謝料を支払うよう求めた。

GPS端末を使った捜査手法は、必要があれば許容されるという意見と違法な人権侵害だという意見があり、福岡地裁でも裁判になっていました。

県警によると、スマートフォン窃盗事件を捜査する過程でこの車が浮上し、GPS端末を使用したといいます。

 

GPSを確認する裏には・・・

普段から、自分の車にGPSが取り付けられていないか確認しているという生活は、どのようなものであるのでしょう。
後ろめたい事があると考えられます。
なかなか素人に車に取り付けられたGPSは分かるものではありません。
定期的にGPSが付いているかどうか確認をしている状況は、「おかしい」という疑問を感じずにはいられません。
今回、警察が取り付けたGPSですが、この人物には注意を行うべきだと思いませんか。
プライバシーと犯罪、どちらを重視するかは明らかです。
まして、慰謝料請求とは驚きました。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへどうぞ。
土日祝の調査もご相談ください。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。