盗聴器発見 盗撮器発見

新聞社 襲撃事件 フランス

フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド銃撃事件が起こりました。
この事件ををめぐり、フランス特殊部隊は日本時間で10日未明に、容疑者グループが人質を取り立てこもったと言う情報を知りました。
場所は、パリから北東へ約40キロ離れたのダマルタンアンゴエルと言う場所にある印刷会社と、
パリ東部のポルトドバンセンヌ付近のユダヤ教食料品店にほぼ同時に突入したようです。

すごいことになったようです。

 

行方を追う 新聞社襲撃事件

銃撃戦の末発生してから3日立ちましたが、
二か所に立てこもった容疑者は3人で、全員と食料品店の人質4人が死亡しています。
警官ら4人も重傷を負ったようです。世界を揺るがせた銃撃事件は、発生から3日目で終結した。
印刷会社に立てこもったのは風刺紙銃撃事件の32歳のシェリフ・クアシと、34歳のサイド・クアシの兄弟とみられる容疑者です。
二人とも特殊部隊に殺害されました。
2人は7日午前にパリの風刺紙本社を襲った際に、警官や編集長ら計12人を殺害しました。車を次々と乗り捨てながら逃亡し、銃撃戦を経て9日印刷会社に侵入したといいます。逃げ遅れた従業員男性が社内に残されたが、急いで身を隠したため犯人に気づかれず、特殊部隊突入後に無事脱出しています。人質となった同社幹部は同日昼までに解放されました。

一方、容疑者グループの一員である32歳のアメディ・クリバリ容疑者は約20人もの人質を取ってユダヤ教食料品店に立てこもりました。侵入時に人質ら4人を殺害しています。この容疑者は突入した特殊部隊に射殺され、負傷者を含む十数人が救出されました。

フランスのテレビによると、クリバリ容疑者は2010年にシェリフ容疑者らと共にイスラム過激主義者の脱獄を計画していたと言います。逮捕されて禁錮刑を受けており、約2カ月前に出所したばかりだったそうです。パリ南部の郊外モンルージュで女性警官も射殺されており、クリバリ容疑者の内縁の妻とみられる女性も事件に関わったとみて、写真を公開して行方を追っています。

 

恐ろしいテロ事件

インターネットをはじめ、今では生活に便利な機能は、本来軍事のために開発されてきた物が多いことをご存知でしょうか?
盗聴器や盗撮器も軍事用として開発されて物が始まりです。
盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は、アイ総合コンサルタントへどうぞ。

土日祝日の調査もご相談ください。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。