因果関係 トラブル

因果関係 トラブル

トラブルが起こった時に因果関係の証明は大変重要です。これが違ってくると結果が大きく変わるのです。論理的に因果関係を証明することが大変重要なのです。

 

サッカーボール訴訟 子育てから認知症介護まで

無条件に認められてきた子供の行為に対する親の監督責任について、最高裁は9日の判決で「危険性のない行為による偶然の事故について親は責任を負わない」と一審二審の判決を覆しました。

被害者救済に重きを置いていた監督責任をめぐる損害賠償の流れが、この判決を機に変わる可能性があるというのです。

子供に対する監督義務を定めた民法規定では、義務を尽くした親の賠償責任を問わないとする例外を設けているが、ほぼ無視されてきていました。このため、子供による偶発的事故に関し、普通の子育てをしている親に責任を負わせてきたのです。

今回の最高裁判決は両親について「危険なことをしないよう普通のしつけをした。結果の予測は不可能」と冷静に判断しました。

監督責任が問われる可能性があるのは子供の親だけではない。最高裁では現在、徘徊(はいかい)の症状がある認知症の高齢者が線路内に進入し、列車にはねられて死亡した事故をめぐり、事業者側が損害賠償を求めた訴訟が上告中で、介護現場の実態をどう見るのかが注目されています。

子育てから認知症介護まで、周囲の人間はどこまで責任を負うべきなのか。今回の判決が与える影響は大きい。

 

原因と結果 因果関係に問題

このサッカーボールの訴訟問題と、列車事故などを同じに考える趣旨が分かりません。サッカーボールの訴訟は、80代の男性がボールを避けようとして転倒した際に足を骨折しています。このことに損害賠償をするのならば分かります。そのご、認知症になり、亡くなったのは誤嚥性肺炎なのです。ここまでの背景を念頭に入れた見方をするべきではないでしょうか。

 

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。