寒い季節の電磁波測定 孤立

寒い季節の電磁波測定 孤立

日本列島が大変寒くなっています。
今年の冬は、暖冬だと言われていましたがまったくそうは思えない寒い日々が続いています。
電磁波の心配から、暖房器具を使うことをためらっている方も多いでしょうが、海外では寒波の影響で死者も出ていますので、健康管理には十分に注意しましょう。
暖かいイメージの四国でも雪の影響が出ているようです。

 

徳島県で大雪 IP電話が使えず孤立

徳島県三好市では大雪の影響で停電が起こっているようです。
85世帯、984人の孤立状態が確認された三好市では腹膜透析に使う自家用発電機が動かず消防隊員に救助されたり、エアコンもストーブも使えず寒い時間を過ごす高齢者がたくさんいるようです。

また、50世帯75人が孤立状態の東みよし町では、町内8割以上の世帯がインターネット回線を使った「IP電話」を使用しています。
しかし、停電のためにこのIP電話が使えず孤立しているのです。連絡の取れない集落では、災害派遣された陸上自衛隊員や町の職員がヘリコプターを使って民家を訪ね歩いているそうです。

 

電話が使えない!孤立 外部の情報が入ってこない

この寒波はいつまで続くのでしょうか。
寒い時期は、エアコンやストーブ、ホットカーペットなどの電化製品の使用が増えます。
その為、電磁波も多くなります。
電磁波過敏症の方には辛い時期でしょう。
寒さで体温が低くなると免疫力が落ちるそうです。
乾燥している空気は、インフルエンザも猛威を振るうことになるでしょう。
健康管理に十分注意してお過ごしください。

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼はアイ総合コンサルタントへどうぞ。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。