自撮り!特殊詐欺 京都

自撮り!京都

スマートフォンやタブレット端末などを使って、どこででもすぐに写真を撮ってネット上にアップすることが可能になりました。
FacebookやLINEなどのSNSを利用して、リアルタイムに交友できる便利な時代です。
このSNSを利用して、彼氏や旦那様の浮気調査をしている「探偵女子」も流行っています。
面白い時代ですね。
浮気相手とのデート先で自撮りして、Facebookにアップなんてことはしないでしょうが、自分で自分を取る行為「自撮り」は流行っています。

 

札束と一緒に自撮り!画像解析で詐欺特定 京都

11月11日、京都市山科区の高齢女性から1千万円を詐取しようとした詐欺未遂容疑で少年を逮捕していました。
そして、京都府警山科署は3日、詐欺の疑いで、19歳の住所不定の少年を再逮捕したといいます。
この多額の札束とこの少年自身の顔を一緒に写した画像がスマートフォンに残されていたのです。
撮影された日時や場所などを解析して被害が明らかになりました。
再逮捕容疑は仲間と共謀し、京都府向日市に住む81歳の女性宅に「年金庁」や弁護士などを名乗って
「個人情報が流出したので代理人が必要」「伝えた暗証番号を他人に教えたのは法律違反。解決するには500万円かかる」などウソの電話をし、11月10日、女性宅で現金500万円をだまし取った疑いがもたれています。
少年は黙秘しているそうです。

 

特殊詐欺被害が過去最高!注意してください。

今年は、たいへん特殊詐欺が多く10月までになんと450億円以上の被害が明らかになっているのだとか。
高齢者の独り暮らしの名簿などを入手し、ターゲットを絞りある程度の情報収集を行ってから詐欺を行うなど
手口が巧妙化しています。
信頼されるために警察官を名乗ったり、役所の職員を名乗るケースもあります。
「察 トーク」なるシナリオが作られていることもあり綿密な計画の元行われています。
個人情報が詐欺にも利用されるため、管理には気を付けましょう。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。