思考盗聴を理解してもらえない苦しみと家族の問題

思考盗聴と家族トラブル 監禁監視問題

自分だけにしか分からないことをうまく第三者に伝えるのは難しいこともあります。
事実を話すことで「頭がおかしい」「気味が悪い」などと捉えられ、いじめられたり仲間外れにされることもあり、精神的にもつらい経験を持つ方もいます。
思考盗聴は、自らが率先して立ち向かう必要があります。電磁波対策センターはあなたの味方です。

電磁波測定 電磁波調査 電波調査

家族による親子の問題 秘密にされた悲しい被害

大阪府寝屋川市の民家のプレハブ部屋で、長期間監禁されていた女性が亡くなった事件がありました。
死体遺棄容疑で逮捕されたのは彼女の父親(55)と母親(53)でした。

「1日1回程度しか食事を与えていなかった」などと話しているようです。
この二人は十分な食事を与えず、低栄養状態で死亡させた疑いもあるとみられています。
殺人および監禁致死容疑の適用も考慮しての生活実態の解明を進める方針のようです。

死亡したのは長女は身長145センチに対して体重19キロでした。
やせ細り、死亡時に胃の内容物はなかったようです。
凍死のうたがいもあります。

両容疑者は「10代半ばごろから暴れるようになり、監禁して療養させていた」と説明しているようです。

自宅に2畳ほどのプレハブ部屋を設け、二重扉で中から開かないようにして閉じ込めていました。監視カメラもつけていたようです。

長女の体には床ずれがあり、寝たきりに近い状態だったとみられています。

電磁波測定調査のご依頼ナンバー1

電磁波測定調査のご依頼ナンバー1 ご家族の方からの依頼多数

思考盗聴を理解してもらえない苦しみと家族の問題

思考盗聴や音声送信で悩んでいる方の中には、家族にも理解されず精神病扱いされる方も少なくありません。
病院に行っても治らないなど、不可解な症状がある場合は、電磁波や電波などの見えないトラブルの不安もあるでしょう。

電磁波対策センターに寄せられる依頼でも家族トラブルを抱えている方がいます。
早期調査をおすすめします。

 

電磁波測定調査 明朗会計の調査

電磁波測定調査 明朗会計の調査