監視カメラ

監視カメラ 盗聴 盗撮トラブル

監視行為は、気持ちがいいものではありません。
防犯カメラですら、近隣トラブルの原因になることもあります。
状況証拠に必要な証拠も、なかなか難しいものです。

 

STAP論文 図表不正も2件 査委認定

STAP細胞論文を巡る問題で理化学研究所の調査委員会は、2本の論文の疑義を調査していたました。
理化学研究所の調査委員会はがまとめた報告書では、すでに不正認定された画像以外に2件の図表類に不正が新たに見つかったことを認定しています。

STAP細胞の2本の論文について、最初の調査委は6件の疑義を調べており、
今年3月に主論文中の画像2件に捏造・改ざんがあったと認定しました。
その後、論文の分析の結果、2本の論文全体で新たな疑義が複数浮上しており、新たに不正と認定された一つは、細胞の増殖率を比較するグラフでした。
iPS細胞の開発を発表し京都大学の山中教授の論文(2006年)中のグラフと酷似していると指摘されていたのです。

監視カメラを設置された中、再現を試みていた小保方氏も再現できなかったこの問題、自殺者も出ていることを忘れてはいけません。

 

証拠集 監視カメラ トラブル解決はアイ総合コンサルタントへ

化学もそうですが、第三者に主張を行うには裏付けになるものが必要です。
監視カメラや防犯カメラの画像も証拠として使われることがありますが、
嫌がらせなどは、カメラが設置されている場所では行われません。
死角をさぐって行われるようになります。
嫌がらせは近隣トラブルでもよく起こり、動物の死骸や汚物を投げ込まれることもあります。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定のご依頼はアイ総合コンサルタントへご相談ください。
トラブルの解決もご依頼いただけます。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。