監視行為 嫌がらせ 対策

監視行為 嫌がらせ 対策

他人のプライバシーに踏み込みたい。
女性の日常を知りたい。
など、興味本位で他人のプライバシーを踏みにじんで楽しんでいる人もいます。
あなたは大丈夫でしょうか?
盗聴器や盗撮器はもちろん、パソコンにウイルスを感染させられたりすることもあります。

 

監視アプリ 遠隔操作で666回録音 元交際女性の日常を確認したい

元交際女性のスマートフォンに、位置情報などを知ることができるアプリを取り込んだ問題が起こりました。
不正指令電磁的記録供用容疑です。
広島県東広島市立中学校教諭の43歳の男は、元交際相手の女性のスマートフォンにアプリをインストールしました。
そして遠隔操作によりスマホの周囲の音声を666回録音した形跡があることが分かったのです。

昨年の夏、音声録音のほか、通話履歴を399回確認し、位置情報を35回取得した形跡がありました。
動画や写真の撮影、メール送信、写真データの削除をしたケースもありました。

この容疑者は、別れた後の女性の日常生活を監視する目的があったのではないかと思われます。

音声録音などの記録はスマホの画面に表示されない設定になっていました。
しかし、友人と自分しか知らない内容が、画面に浮かんですぐに消えたり、
SNSに記憶のない書き込みがあったりするなどしたため事件が発覚したのです。

 

交際トラブル 別れた相手を監視する

交際相手や元交際相手との間で起こるトラブルで最も多いのが、ストーカー行為や嫌がらせ、誹謗中傷です。
別れ話をきっかけにこのようなトラブルに発展することもあります。
また、上記の事件のように日常を監視する行為は、交際中に行われることもあります。
浮気の心配や、自分だけのものにしたい嫉妬心などから
携帯電話のGPS機能を使って、行動を探るものは男女共に増えています。
見付かって、交際関係を絶つ人もいます。
監視行為に嫌気がさすのは想像出来ることではないでしょうか?

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。