固まるパソコン!

固まるPC

パソコンが急に固まる、それは「それはウイルスです」。
大阪市内の自営業の40代女性は、銀行員の言葉に耳を疑ったといいます。
パソコンにはウイルス対策ソフトを入れていたはずなのに、
口座を確認すると見知らぬ女性名義の口座に金が振り込まれていたのです。
個人情報を盗まれて、ネットバンキングに不正アクセスされた結果です。

 

ウイルスに侵されたパソコン

都市銀行のネットバンキングのサイトを開いて振込を選ぶと、
「誕生日」と「銀行から送られてきた乱数表」の数字を入力するよう求める画面が現れたといいます。
「いつもと違う」と思ったけれど、PCにはウイルス対策ソフトが入れてあるから安心していたそうです。
すると画面に「ただいま読み込み中です」とのメッセージが出現して操作できなくなったのです。
そして女性の口座から別の口座に不正送金されてしまう結果となりました。

大阪府警が行ったPCの解析結果ではウイルスだらけで、ウイルス対策ソフトが見当たらなかったのです。

 

不正アクセスしやすい環境から逃れる

インターネット環境を見直すことで対策を行うことも必要です。
盗聴や盗撮、電磁波と言った被害は、定期的に環境を確認して対策を行うことが必要です。
少しでも不安な電化製品などは、疑問を持ったまま使うべきではありません。
盗聴器が付いていないか、盗撮器が仕込まれていないか調査を行ってから使用してください。
情報漏洩の対策を面倒くさがってはいけません。
プライバシーの管理は重要な課題なのです。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。