機密 情報漏洩対策

機密 情報漏洩対策

インターネットの普及も伴い、盗聴器や盗撮カメラなどの購入が簡単になりました。
価格も手ごろなものからあります。
そういった背景もあり、盗聴や盗撮が簡単になっているのは皆さんもご存知のことでしょう。
街を歩けば、さまざまな電波が飛び交っています。
盗聴被害、盗撮被害は他人ごとではないのです。
自分のプライバシーは自分で守らなければいけません。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は、アイ総合コンサルタントへどうぞ。

 

特定秘密18件指定 衛星撮影画像

警察庁は26日、特定秘密保護法に基づき、スパイに関する情報など18件を特定秘密に指定したそうです。
今日にも、テロに関する情報など5件を指定する予定です。

18件は今年までに収集した情報で、人工衛星が撮影した画像などです。
「情報収集衛星関係」が11件、
「テロ関係」が2件、
スパイなどの「特定有害活動関係」が1件などです。
警察庁幹部は「指定を最小限に絞るため、慎重に検討した」と話しているようです。

一方、法務省も、この法に基づき、外交に関する情報で「領域の保全のために我が国の政府が講ずる措置またはその方針」に該当する1件を特定秘密に指定した。同省の指定は初めてということです。

 

盗聴器発見 盗撮器発見 電磁波測定調査

盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査のご依頼は、アイ総合コンサルタントへどうぞ。
個人のプライバシーは、これらの機器を使って外部に漏れていることがあります。
趣味で盗聴器や盗撮器を仕掛けるものもおれば、
トラブルを抱えている際に相手の情報を収集することを目的として仕掛けられることもあります。
アイ総合コンサルタントでは、盗聴や盗撮行為の背後に隠れるトラブル解決までご依頼いただけます。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。