個人 特定

殺人事件 19歳容疑者 実名

先月起こった衝撃的な事件、
名古屋大学の現役の女子大生が70代の女性を殺害した事件は、
世間を騒がせることになりました。
この事件の女子大生の実名と顔写真が記載された記事が出るのだとか。

 

実名公表 名古屋 事件

今月発売の週刊誌が、名古屋市昭和区のアパートで77歳の無職の女性を殺害した事件の記事を掲載するようです。愛知県警に殺人容疑で逮捕されている大学1年の19歳の女子学生の実名と顔写真を載せることがわかりました。
現在の少年法では、20歳未満の未成年者が起こした犯罪に関しては本人が特定できる報道を禁じています。

この実名の記事が掲載されるのは2月12日号で、
編集部は、
「事件の残虐性と重大性に鑑みて、19歳という加害者の年齢も加味して総合的に判断し、
顔写真と実名を報道することにした」と話しているようです。

 

凶悪犯罪の秘密性

恐ろしい殺人事件の加害者の存在は、一般人であればだれでも気になると思います。
成人していないと言うだけで、名前や住所などを公にしないと言うのは
今の時代には合っていないのかもしれませんね。
プライバシーなどを超越する問題であると考える人も多いでしょう。

私たちは知らなくても、
犯罪を犯した者の、同級生や近隣の住人は顔などを知っています。
完全に隠すことは、おそらく不可能でしょう。

少年法の改正は、考える余地のある問題かもしれません。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のご依頼は、アイ総合コンサルタントへ。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。