雇用問題における盗聴・盗撮・電磁波トラブル

雇用問題における盗聴盗撮

ブラック企業の問題や、モンスター社員の問題。
私たちが働く会社では、さまざまな問題が複雑に絡み合っています。
少しでもいい条件で働きたい社員側と、利益をもたらさない社員を排除したい企業側。
真面目に一生懸命働く者とそうではない者がいるのは、雇用した企業側の責任かもしれません。
しかし、いくら成績優秀で人当たりが良い人材を選んでも、期待通りに働くとは限らないのが現状でしょう。

 

会社の中の盗聴・盗撮 防犯カメラはどっち?

本来、不審者の侵入を防ぐために設ける防犯カメラですが、
社員を監視するために防犯カメラを用いる場合もあります。
カメラには視覚があるため、そこを外れると分からないということもありますが、
これによって働いている従業員の行動を社内では管理できるというメリットはあります。
しかし、営業職や外出先での行動は目に見えるものではありません。
携帯電話をもたせたり、行動表を提出させることで管理している会社もあります。
しかし、どれも完璧ではないのです。
社員の行動を管理することは、会社にとって大きなメリットがあります。
おかしな行動をとっている証拠があれば、詰問することも可能です。
しっかり働いている社員が、楽な方に引き込まれない環境にするのも大切なことでしょう。

 

会社における情報の漏洩問題 盗聴・盗撮・電磁波問題

会社でよく起こっている問題では、女性が被害に遭っているトラブルがあります。
知らないうちに盗撮されていることがあるのです。
女子更衣室やトイレ、デスクでの盗撮です。
どれも気持ちの良いものではありません。発見したことで、経営者とトラブルになり会社を退職する羽目になった例もあります。
また、セクハラや
その画像をネタに脅迫されることもあります。そういった二次被害がいっそう女性を追い詰めます。
電磁波トラブル解決110番にお任せください。警察のOBをはじめ、トラブル解決のエキスパートがサポートいたします。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。