ドローンを使った空中行動観察 監視対策

ドローンを使った空中行動観察 監視対策

空中からの観察、監視行為に不安を感じていませんか?盗聴や盗撮だけではない、巧妙な嫌がらせが行われる背景には理由があることも。過去のいじめや、嫌がらせ、妬み、恨みなどから復讐されるケースもあるようです。恋愛関係のもつれからストーカー被害に遭っている方からのご依頼も寄せられています。

ドローン!見えない場所での操縦に基準

ドローンなどの小型無人飛行機の市場が広がっています。
離島や山間部の宅配に活用することを目指した国土交通省は、2018年までに操縦者や監視者から見えない場所でも飛ばせるようにする許可基準をつくる方針を出しています。
これにより過疎地域などで暮らす高齢者ら「買いもの弱者」の支援につなげようというのです。
ドローンによる宅配が実現化すれば、インターネットなどで購入した商品が早く届くメリットが考えられます。
遠くまで買い物に行く必要がなくなため。高齢者などにも利用されることが想像できます。
先日も鳥取県倉吉市で地震が起こりましたが、災害などの緊急時には、薬や食料などの支援物資を届けることも可能となるでしょう。
国交省幹部は「新聞が当日朝に届かない山間部や離島の生活をドローンが変えるかもしれない」とも話しています。
小型無人飛行機は航空法上、操縦者や監視者から見える範囲でのみ飛行が許可されています。
災害時の被害確認などの特例を除き、海上や山間部など操縦者らの目の届かない場所では事実上許可されておらず、新たな基準が求められていました。

基準緩和で起こる不安と対策 盗聴 盗撮 電磁波

便利なものの背景には犠牲もあります。上空からの監視や撮影などの不安もつきものです。

 

 

電磁波測定調査 明朗会計の調査

電磁波測定調査 明朗会計の調査