脅迫文 教師

脅迫文

全国の少なくとも45の都道府県の教職員2000人以上の自宅に、
現金を要求する脅迫文が届いていたニュースが騒がれています。
子どもの保護者から復讐の依頼を受けたとして現金を要求する脅迫文です。

小中学校の教職員らに届いた脅迫文には、句読点などは一切なく日本人ではない可能性も出ています。

 

脅迫文 教職員

この問題になっている脅迫文には
お前は以前教え子だったAに酷い言葉で心を傷つけ人格を侮辱した
Aの家族はお前に同じ思いをさせてやると誓い私たちに復讐の依頼をしてきた

というふうに、句読点は無く間隔があいているだけであったり、
文章の途中からは間隔も無くなっていると言います。

その復讐の内容については、
個人情報をネット上で公開する
お前の家に投石

そして、復讐をやめてほしければ現金300万円を「郵送」するように要求しています。

同じ文面の脅迫文が、12日午後9時現在で、全国45都道府県。
2013人もの教職員らの自宅に届いていることが分かりました。
この中には7年前に死亡した教職員の自宅に届いたものもあり、名簿が利用された可能性があります。

脅迫文が入れられていた封筒には、消印が徳島県のものがあり、脅迫文の多くが徳島市内の郵便局から送られていたのであることも分かりました。

しかし、300万円の送金先として指定していたのは、日本ではなくタイのバンコクだったようです。

 

詐欺 現金の送り方

この脅迫文には、しつこい犯人の性格が浮き彫りにされている個所があり、また送り方については、現金を週刊誌に挟み、粘着テープで巻くなど、細かく具体的に指定されていたといいます。

今のところこの送付先に郵便物が届いていることは無いと言うことです。

 

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。