嫌がらせ 脅迫ウイルス

嫌がらせ 脅迫ウイルス

インターネットを利用する人のパソコンに感染し、ファイルを開けない状態にし、
復旧させる代わりに金銭を要求するウイルス「身代金要求型不正プログラム(ランサムウエア)」の被害が広まっているそうです。

先月には日本人を狙ったランサムウエアも確認されています。1週間で国内のパソコン60台超から検出されたそうです。
金銭を払ったとしても解除される可能性は低く注意を呼び掛けています。

 

脅迫 ネット トラブル

ランサムウエアに感染すると、画面上に「ファイルをウイルスによって暗号化しました」
「もとに戻すにはお支払いが必要となります」などと日本語で脅迫メッセージが表示されます。

パソコンのプログラムは作動せず、ファイルも開けなくなり、金銭を要求されるそうです。
この脅迫の支払いには匿名性が高い仮想通貨「ビットコイン」が求められるといいます。

脅迫メッセージは利用者の環境に合わせ、英語や韓国語でも表示されます。

ランサムウエアは昨年10月ごろには、動画投稿サイト「ユーチューブ」で人気海外バンドの動画再生中にバンド関連の偽広告が掲載され、感染するケースもあったといいます。
視聴者が偽広告をクリックすると、複数のサイトを経由し、最終的には不正サイトで感染する仕組みでした。

 

集団ストーカー 嫌がらせ 思考盗聴 監視

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。