目に見えないものの被害

ガス 温泉事故

日本は、温泉大国である反面、火山大国でもあります。
火山があるから温泉が湧きでて、恩恵を受けることが出来ています。
この温泉において、大変残念な事故が起こったようです。

 

秋田乳頭温泉 硫化水素中毒

事故が起きたのは18日午後5時ごろでした。
秋田県仙北市田沢湖生保内にある乳頭温泉郷近くの源泉施設で、
「作業していた男性3人が倒れている」と119番があったそうです。
倒れていた3人は心肺停止状態で見つかりましたが、その後死亡が確認されています。
亡くなったのは、仙北市在住の作業員の78才と67歳、42歳の男性でした。このほか、一緒に作業していた別の市の職員も気分が悪くなっており、病院で手当てを受けているそうです。
温泉の源泉に含まれる硫化水素で中毒になった可能性があるということで、秋田県警仙北署が調べています。

個々が起こった現場は市企業局が管理する「カラ吹源泉」でした。
「温泉の温度が下がっている」との連絡で、同局工務課の職員2人を含む4人がこの日の午前からパイプに詰まった空気を抜く作業をしていました。
作業が終わり、同午後5時前に4人で近くに置き忘れた荷物を取りに行ったところ、作業員2人が源泉から約200メートル離れたくぼ地で急に倒れたそうです。そして、助けようとした柴田さんも倒れているのを、もう一人の職員が発見し、連絡を受けた市が119番しました。

 

目に見えない被害 電磁波

目に見えないものによる被害は、恐ろしいですね。ガスも電磁波も目には見えません。注意が必要です。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。