無人機で監視 ドローン

無人機 度ドローン 偵察

思考盗聴や集団ストーカー被害に遭っている方は、不安を感じるでしょうが日本においてもドローンの存在が気になります。
ドローンとは、小型の無人飛行機です。小さなものから荷物を運べるようなものまであり、被災地にAEDなどを届けたり、橋を下から覗いて状態を把握するなど様々な用途に利用される目的で使われます。
しかし、カメラを搭載したドローンでの監視行為が行われないかという不安もあるのです。

 

不法投棄を空から監視 ドローン

茨城県では不法投棄対策にドローンが導入されました。
茨城県内で多発する不法投棄の問題が悪化していると言うのです。
環境省によると、10トン以上の不法投棄件数が茨城県は平成23年から3年連続全国ワースト1位です。
東京オリンピックなどの大型事業に伴う再開発により、さらなる不法投棄の増加が見込まれるということでドローンを用いた対策が決定されることになりました。

カメラを搭載したドローンで上空からの監視を開始することになったのです。
先月の30日には、県庁前広場で関係者によるデモンストレーションが行われています。

カメラの映像はスマートフォンなどでリアルタイムで確認でき、塀に囲まれた場所も上空から監視することができるそうです。

 

監視行為 対策 盗聴 盗撮 電磁波

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。