無人機打ち上げ

日本初の月面着陸計画 無人機

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))が、月面着陸を目指す日本初の小型無人探査機を2018年度にも打ち上げる計画を進めていることを発表しました。
楽しみな方も多いのではないでしょうか。

 

無人探査機 GPS

無人探査機の月面着陸は旧ソ連、米国、中国に続くものになるようです。
月面探査は、将来の宇宙探査の中心になる火星探査への足がかりとしても期待されています。
実現に向け、高精度の軟着陸技術を確立したいものです。
開発費は100億~150億円と見込まれている。

固体燃料を使う新型ロケット「イプシロン」に、探査機「SLIM(スリム)」を搭載しての計画は、
18から19年度中に打ち上げる計画です。
文部科学省などの有識者会議で、計画を示すようです。
政府の宇宙政策委員会で認められれば、文科省が来年度予算の概算要求に関連経費を盛り込む見通しです。

今までの月探査では、探査機の着陸が目標地点から数キロメートル程ずれていましたが、
SLIMは目標地点との誤差を100メートル程度にとどめて軟着陸することを目標にしています。
日本は2007年に月を周回する探査衛星「かぐや」を打ち上げました。月のクレーターなどの様子の撮影に成功しています。

 

衛星 GPS 監視

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。