電磁波村

電磁波村

世界で最も感度の高いと言われる電波望遠鏡があるアメリカ、ウエストバージニア州のグリーンバンクには、
星の誕生や最期、宇宙から発せられるかすかな電波信号を観測することができる高さ150メートル、口径100メートルの電波望遠鏡があるのだそうです。
雪片ひとつが地面に落ちる時と同等のエネルギーの電波信号をとらえるほどの性能で、
これを実現させるためには静寂を極めた環境が必須なのだそうです。
あたりは静かで牛の鳴き声がする程度なのだとか。

そのため、同じ州のポカホンタス郡の周辺地域は米国指定電波規制地域に指定されています。
WiFi機器や携帯電話から発せられる電波はこうした観測の障害になるので、
望遠鏡の半径16キロの地域では、テレビのリモコンや電子レンジなども含めて他の場所では当たり前にある電化製品の使用が禁止または制限されているのです。

 

ノン電磁波過敏症の村

こうした措置が予想外の結果を生んでいるといいます。

人口143人という少ないグリーンバンクです、電磁波過敏症に悩まされている人たちのメッカとなっているというのです。
グリーンバンクへ移り住んできた人たちはみな片頭痛などの悩んでいた症状が消えたと述べているのだそうです。

ネブラスカ州から移住してきたチャールズさん(53)は建設現場の監督でした。チャールズさんは、1990年代から体調不良を訴えていたが、自分の使っていた携帯電話が原因だという結論に至ったのは、だいぶ後で「(症状が電波に)関連があるとは思ってもみなかった」と話しているのだとか。医師に抗うつ剤を処方されており、WiFi回線に近づくたび、吐き気や頭痛、不整脈が起こっていたが、グリーンバンクに滞在してから2週間経ったころから頭痛が消えたそうです。

 

電磁波過敏症の改善

上記の内容ですが、多少文章を変えていますが本当でしょうか。
「電波望遠鏡」の付近です。星を観測するぐらいの巨大な設備。
この付近に引っ越して生活して電磁波過敏症が改善したというのは、本当の話なのでしょうか。
いささか、疑問を感じたので書いてみました。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。