職場問題で自殺を考える前に行っておくこと

職場問題で自殺を考える前に行っておくこと

職場でのトラブルが原因で「自殺」が脳裏を過るようになった方は要注意です。自殺を仕向けられることで自分だけではなく、交際相手や家族も巻き込む問題に発展することもあります。早期解決が必要です。

過労と自殺問題で揺れる職場の実情は?

東京労働局などが、労働基準法違反の疑いで東京都港区の会社とその3支社を家宅捜索したようです。
任意の立ち入り調査を強制捜査に切り替えたということです。
もし違反が確認されれば書類送検する方針です。

複数の社員に違法な長時間労働をさせた疑いが強まったとして家宅捜索に踏み切ったとみられています。
これまでは任意の立ち入り調査を行ってきましたが悪質性が高いとみて強制捜査に切り替えたようです。

この会社をめぐっては新入社員の24歳の女性がが過労で自殺しています。
今年労災と認定され本社と支社、主要子会社を立ち入り調査して全社的な労務管理の状況を調べていました。
1991年にも入社2年目の男性社員=当時(24)=が過労で自殺しています。
自殺後、所定外労働時間の上限を月70時間から65時間に引き下げ、午後10時で全館消灯にするなどの対策を実施しています。

職場トラブルからプライベートへの監視へ

電磁波トラブル110番へのご依頼の中には、職場での嫌がらせがプライベートにまで発展しているケースもあります。
家に帰って来てからも悪口を言われたり、盗聴や盗撮を遠隔操作で行われるといった内容もご相談が寄せられています。
まずは、調査から始めましょう。
お問い合わせはお電話から、お見積りください。
電磁波測定調査 明朗会計の調査

電磁波測定調査 明朗会計の調査