音声送信

音声送信と電磁波のトラブル対処法

音声送信と電磁波のトラブル対処法は電磁波トラブル解決110番へご依頼ください。

音声送信 脳内音声送信

誹謗中傷してくる声や生活を近くでのぞいているようなささやきに戸惑っていませんか?音声送信による被害はあなただけではありません。思考盗聴対策センターには声かけでお困りの方から多くのご依頼が寄せられています。

「声が聞こえる・・・」けれど、姿が見えない。
一人でいるのに、どこからか声が聞こえてくる。
初めは小さなささやき声だったのに、気付けばはっきりと聞こえるようになっていた。
そのような経験はありませんか。
この音声送信は、長期に渡り続くことで危険を伴うケースもあります。
早期対策が必要です。

思考盗聴のご相談の中で、知人になりすまして話しかけられるといったことも問題になっています。
声色を変えて、動揺するようなことをそそのかされることもあるようです。
決して、相手にしてはいけません。今すぐご相談ください。

 

脳内音声送信と電磁波の問題

脳内音声送信と電磁波の問題は生活にも支障をきたすことがあります。

音声送信 脳内音声送信の危険性

音声送信から聞こえる声に反応していませんか。
聞こえる声の主が何のためにあなたに語り掛けているか、目的を把握できていますか。
たわいもない日常生活について語られることもあれば、あなたを不安な気持ちにさせるような内容を話すこともあるのではないでしょうか。
この音声送信から聞こえる声に反応してしまう方は、注意が必要です。
知らず知らずの間に声の主にマインドコントロールされてしまうことがあるのです。
早期にこの被害を察知することが重要です。

音声送信被害の例

音声送信被害や脳内音声送信被害で起こる様々な障害

20代 女性

引っ越した先のマンションで音声送信被害に遭いました。今思えば、帰宅時間が遅かったことから生活音が隣の部屋の人の生活に支障をきたしたのかもしれません。音声送信では中年男性と若い女性の声が聞こえてきました。初めは小さな声だったものが、だんだんとはっきり聞こえるようになりました。「早く片づけをしろ」とか「食事をするな!」などと言われることもありました。部屋に居るときは見られているようで、隣の壁側から声も聞こえるため相手は誰だか分かっていました。証拠を取らないと相手にも言えないので盗撮と盗聴、電磁波測定の調査から依頼しました。

 

お客様に合わせた調査内容

電磁波測定調査のご依頼は電磁波トラブル解決110番。お客様に合わせた調査内容でコスト削減を図ります。

音声送信 脳内音声送信 対策

毎日のように音声送信されるようになると、現実と音声送信の声が発する内容が混ざってしまいます。はじめの頃は、この声の内容を無視したり、信ぴょう性に欠けると判断していたものが、そうでは無くなることがこの音声送信被害の恐ろしさです。心の隙間に入り込まれるようになるのです。

また、記憶があいまいになったと言う被害者の声もよく耳にします。音声送信の内容と現実を区別しておく必要があります。大変重要なことです。

音声送信被害の例

音声送信被害や脳内音声送信被害で起こる様々な障害

30代 男性

私に音声送信がされるようになったのはある日突然だったように思います。初めは、遠くで聞こえているだけでハッキリしていなかったので、その頃の記憶はあまり残っていません。電磁波測定調査を依頼したのは「声」との会話が成り立つようになってきて、現実があいまいになってきたからです。「髪がぼさぼさだからなんとかしろ」「だらだらした生活をするな」など生活に関する指摘や、自殺をそそのかされるようにもなりました。声が本当にきこえるものなのかどうなのか不安になったので調査を依頼しました。

 

電磁波トラブルの現状を知る

電磁波トラブルの現状を知ることは、大変重要です。費用は掛かりますが電磁波測定調査無しでは相談することすらできません。

 

音声送信の被害が長く続くことで、声と現実の区別がつかなくなることもあります。
これは少なからず、声のあなたに対する支配が始まると言うことです。
声の支配は、あなたの社会性や思考をもコントロールすることになります。

音声送信被害が始まるには、なんらかの「きっかけ」になる出来事がある場合もあります。これは、トラブルであることもあり心当たりがある場合は原因を追究することも必要です。

今すぐ、アイ総合コンサルタントへご相談ください。まずは、現状の調査からはじめましょう。

※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。