パワハラ 盗撮

パワハラ 盗撮

パワハラの問題は、企業の中だけではありません。パートやアルバイト先でも問題になりますが、議会においてもパワハラ問題が勃発しています。

 

パワハラ 土下座事件

蓮田市と白岡市の市議各6人で構成されている蓮田白岡衛生組合の副議長で蓮田市議の58歳の山口氏がごみの処分をめぐり、同組合の30代の男性職員に土下座をさせていたことが分かりました。
山口氏は事実を認めており、副議長の辞職願を同日提出し受理されています。

この日は同組合の3月定例会が開かれており、会議終了後に議員側の求めで山口氏を退席させて、全員協議会が開かれました。申し入れ書という形で、山口氏が職員に土下座をさせたのか、またごみを無料で処分させていたのかについて事務局側に説明を求めました。
昨年12月16日13時半ごろ、山口氏から白岡市篠津の「蓮田白岡環境センター」に事務局長らの在席確認の後、「ごみを持ち込みたい」と電話があったと言います。
応対した男性職員が、事務局長は15時に終了予定の会議に出席中で、不在の旨などを伝えました。
山口氏は「あなたは固いからもういいや」と電話を切ったといいます。

15時ごろ、山口氏が立腹した状態で同センターを訪れ、事務局長と男性職員が立った状態で謝罪しました。
「このような謝り方は謝りではない」と言われ、男性職員が土下座したというのです。
山口氏は会派代表者と、男性職員に謝罪しているという。

ごみは袋の中には選挙ビラのようなものが入っていたといいます。
山口氏はごみをそのまま置いていき、手数料150円を3月18日に支払ったそうです。

 

モラルの欠如

何を思ってそうしているのか分からないような傲慢な態度で高圧的な人物にトラブルは付きものです。
相手の気持ちを考えたり、紳士的なふるまいが大事であること
モラルの問題もありますね。

 

 

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。