電波 レーダー 飛行機

電波 レーダー 飛行機

飛行機事故が多いですね。
広島で起きたアシアナ航空の着陸失敗の事故は驚きました。
事故が起きた便には、日本人46人の他、中国人9人、韓国人8人など計9カ国の乗客がいたそうです。
けが人はいるようですが、重症の人はいないようでよかったです。

 

アシアナ機事故 電波塔 アンテナに接触

広島空港で起きた航空機事故は、原因究明のポイントとなる事故機の進入時の高度について低空でレーダーでは捕捉できないのだそうです。

機体の損傷状況の確認やパイロットら関係者への聴取と、フライトレコーダー(飛行記録装置)とボイスレコーダー(音声記録装置)の記録の分析などを進める方針と言うことです。

国交省によると、乗客73人と乗員8人が乗ったアシアナ機は14日20時5分ごろ、電波の誘導を使わず、滑走路の東側から西に向かって着陸を試みました。その際、アンテナと接触した後で滑走路を西に進んだが、途中で左(南方向)にそれ、180度近く回転し、滑走路中央付近の南側に停止したと言うことです。

地形的に広島空港は霧が発生しやすく、最も精度の高い「カテゴリー3」と呼ばれる計器着陸システム(ILS)が配備されています。空港周辺は東から風が吹くことも多く、旅客機は通常、向かい風となる西側から着陸するので、ILSも西側からの進入だけに対応しているそうです。

事故が起こった当時、風は北西方向から吹いていました。アシアナ機は向かい風となる東側から空港に進入したもののILSは東側からの着陸には対応していなかったのです。

 

電波塔 レーダー 事故

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。