盗撮マニア 窃視障害

窃視障害 警察官逮捕 盗撮マニア

盗撮容疑で警察官逮捕される事件がありました。
京都府警の白バイ隊員が迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)容疑で逮捕されました。
警察施設でトイレの個室内に小型カメラを設置し、20代の女性職員を盗撮したとされています。
また、コンビニ店内で女子高生のスカートの中を盗撮した容疑でも逮捕されているのです。
何度も繰りかえす盗撮行為に精神的な影響が考えられます。

 

窃視障害と盗撮行動

窃視障害と言う精神疾患があります。
性の対象や性に対する行動が、一般的に正常とされている範囲からはずれる
「パラフィリア障害群」と呼ばれる精神疾患というものがあります。

窃視障害の人は、他人の裸や衣服を脱ぐ行為、性行為などを見ることで性的に興奮するといわれています。
精神疾患に関する世界的なマニュアルでは、
「少なくとも6か月間にわたり、警戒していない人が裸になっている、衣服を脱いでいる、または性行為を行っているのを見ることから得られる、反復性の強烈な性的興奮が、空想、衝動、または行動に表れる」
とあります。

窃視障害者は、のぞき見、その計画や想像、事後の思い出しなどで性的興奮を得るようです。

 

ストーカー 思考盗聴 監視対策

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定をご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。