説明不足とリスク回避

説明不足とリスク回避

説明不足が大きなリスクとなることがります。命の現場、医療現場での説明不足は生死につながることが考えられますが、トラブル解決の際はクライアントの立場が悪化する可能性があります。
リスク回避を十分に考える事が重要ですが、リスクについての説明は難しいものです。

 

群大病院 開腹手術でも死亡リスク説明せず

群馬大学病院(前橋市)で肝臓手術を受けた患者が相次いで死亡した問題がありました。
この病院では開腹手術の患者でも、腹腔鏡手術と同様、同意書に手術による死亡率が書かれていないなど記載が著しく不十分であることが分かりました。

亡くなった患者の遺族は「すぐに退院できると聞いていた」などと話しています。
病院側が今月3日に発表した腹腔鏡手術の調査報告書によると、開腹手術の同意書やカルテの記載について「腹腔鏡と共通の問題があった」と指摘しています。
開腹手術を受けたあと死亡した男性患者の同意書をでは、
「肝左葉切除+胆管切除・リンパ節郭清」という手術名の下に「出血」「感染」「縫合不全」など、合併症が列挙されているだけでした。問題が指摘された腹腔鏡手術と同じ形で、一般的に同意書で必要とされている合併症の発生率や死亡率の全国的なデータ、群馬大病院での手術成績などは一切記載が無かったと言います。
亡くなることは想像もしていなかった。手術以外の治療の選択肢も聞いていないと言う遺族の声があり、
亡くなる可能性もあると聞いていれば、他の治療も含めて考え直したと思うなどと話す遺族もいるようです。

 

完璧は無い 疑う目をもつこと

完璧だったり、100%と言う言葉を使う機会は、生活においてもほとんどないと思うのです。
体に傷をつける医療行為についてのリスク説明が無いことについては、疑うぐらいの気持ちでドクターと接したほうが良いのかもしれません。また、自らも調べることを怠ってはいけません。なんでも人任せにするようでは、すべての責任を放棄しているのと同じような事です。
知らないことを聞くだけではなく、調べる努力も必要だと思うのです。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。