組織 秘密

会社の機密 売買

人を見て判断する。
発言を鵜呑みにしない。
これは、なかなか難しい事ですが、これを念頭に置いておくことがトラブル防止の得策です。
同じ職場で働いている者が、職場の機密を売買していると思うことは少ないかもしれませんが、
実際には起きています。
知らないだけで、公になっていない案件は山ほどあるのではないでしょうか。

 

営業秘密不正持ち出し 上新電

家電量販大手・エディオンの営業秘密の不正持ち出し事件。
記憶に新しいと思います。
大阪府警は17日、不正競争防止法違反で公判中のエディオン元幹部社員の転職先だった上新電機(同)の業務に関するものだったとして、同法の両罰規定を適用し、法人としての上新電機を同法違反容疑で書類送検しました。

発表によると、エディオン元幹部社員被告(53)が上新電機に部長級社員として転職後の昨年1月、遠隔操作ソフトを使ってエディオンのパソコンから販売促進情報など4件の営業秘密を抜き取り、上新電機のパソコンに転送して不正取得した。そして、うち1件を上新電機の販売促進部長に渡した疑いがもたれています。

不正競争防止法には、法人の従業員が業務に関して違反行為をした場合、法人に対しても3億円以下の罰金刑を科す両罰規定があります。大阪府警は、被告の情報持ち出しは、上新電機の業務に関係したものだったとして両罰規定を適用しました。

上新電機経営企画部は
「組織として営業秘密の不正取得に関わっておらず、内部で利用した事実も確認されていないが、今回の事案を厳粛に受け止め、社内の法令順守の意識を向上させていきたい」と話しています。
上新電機は、この被告を昨年12月に懲戒解雇しています。

 

機密保持 盗聴 盗撮 電磁波 情報漏洩対策

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。
トラブル解決までご依頼いただけます。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。