ストーカー 情報収集

情報収集 イスラム国

日本人とみられる男性2人が「イスラム国」とされる過激派に拘束され、身代金を要求されています。
20日、日本側に通告された「猶予」は72時間と言うことです。
家族や関係者などは無事を祈りながらも、情報収集に追われています。

 

イスラム国と日本人拘束者

イスラム国が後悔したとみられるネット上の映像には、黒ずくめの服装でナイフを手にした男の左右でひざまずく男性2人。この男性2人は、42歳の湯川遥菜さんとジャーナリストの47歳後藤健二さんと見られています。
黒い衣装の男が身代金を要求する間、二人は無言でした。

後藤さんは映像通信会社の代表を務めており、この「インデペンデント・プレス」(東京都港区)のホームページによると、後藤さんは仙台市出身で1996年に同社を設立し、テレビのニュース番組でシリア内戦やソマリアの海賊対策などをリポートしていました。著書もあり、執筆活動もしていたようです。

後藤さんが、拘束されている知人の湯川さんを助ける事が目的で中東に向かったのは昨年秋と言うことです。
ツイッターなどネットに投稿された動画などから推測すると、昨年10月2日にトルコからシリアに入ったとみられ、シリア北部で市民の声などを動画で伝えていたようです。

 

情報収集の重要性

情報の収集は大変重要で、何らかの事を起こす前には必ず行われます。
ストーカー行為にしても、情報収集を行いながら
行き先や住まい、行動パターンなどを把握していきます。
その際に、盗聴器や盗撮器などを利用されることがあります。
盗聴器発見調査、盗撮器発見調査、電磁波測定調査はアイ総合コンサルタントへご依頼ください。
ストーカー対策のご依頼も増えています。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。