脳内コントロールの危険 盗聴盗撮集団に操られる

脳内コントロールの危険 盗聴盗撮集団に操られる

拒んでも無視しても、聞かないふりをしても脳内に直接話しかけられ、何度も繰り返される言葉に体が反応してしまう。
そんな経験はありませんか?大変危険な状態です。思考や精神をコントロールされそうになっていませんか?
一人で不安を抱えていませんか?

危険な行動をとらせる!指示される

道路での無謀運転や判断ミスはシニア世代に大変多く、運転免許の返還制度も検討されるほどです。
しかし、その様な世代ではなくとも事故を起こしかねない状況があるようです。
神戸淡路鳴門道で逆走のすえ事故が起こりました。
この事故で若い20代の運転していた男性が亡くなっています。
29日の午前3時過ぎ、神戸淡路鳴門自動車道を逆走して大型トラックに衝突し、車体がひっくり返る事故が起こりました。
兵庫県淡路市浦の神戸淡路鳴門自動車道南行き車線で、逆走して走行中の軽乗用車が大型トラックと衝突しました。
後続の乗用車もトラックに追突しており計3人が死傷しています。
逆走した軽乗用車は衝突後に横転しており、運転していた神戸市兵庫区東山町の22歳の会社員男性が死亡しています。
大型トラックを運転していた48歳の運転手=徳島県藍住町=と、トラックに追突した乗用車の26歳の男性=三重県鈴鹿市=もけがをしたようです。
この事故の影響で約5時間半にわたって淡路IC-東浦IC間が通行止めとなりました。

道路トラブルと指示命令 脳内盗聴被害

高速道路の逆走は死亡事故につながりやすい事は誰でも想像出来ることでしょう。
兵庫県内では70歳の男性が運転する乗用車が、中国自動車道東行き車線のひょうご東条IC-加西IC間約20キロを逆走する事件もありました。
大抵は高齢者によるものです。
不可解な事件や事故に巻き込まれないように注意しておく必要があります。
電磁波測定調査 明朗会計の調査

電磁波測定調査 明朗会計の調査