立ち合い 情報漏洩

立ち合い 情報漏洩

広島拘置所で死刑囚が国を提訴するという問題が起こりました。

この問題は、死刑囚と弁護士が再審準備のため精神科医の同席で面会した時のことが問題になっています。
この面会時に広島拘置所の職員が立ち会うなどしたことが違法として、この男性死刑囚と弁護士2人が5日に国に計330万円の損害賠償を求めて広島地裁に提訴したのです。

 

情報の漏洩 疑惑

訴状などによると、弁護士は昨年11月13日、死刑囚と再審請求の打ち合わせをするために精神科医を同席させました。
その際、広島拘置所に、
・面会立会人なし。
・時間制限を設けない。
・弁護士のICレコーダー使用。
これらを要求しましたといいます。
拘置所がいずれも拒否したため具体的な打ち合わせができず、「秘密交通権」が侵害されたと主張しているのです。

この死刑囚の再審請求を巡っては、
以前最高裁が13年12月、拘置所が弁護士との面会に職員を立ち会わせない「秘密面会」を拒否したことを違法と判断した。

原告の死刑囚は、無期懲役判決を受けて仮釈放中だった1992年、広島県福山市で知人女性(当時87歳)を殺害するなどしたとして強盗殺人罪などに問われ、2007年4月に死刑が確定した。昨年2月、広島高裁に再審請求していました。

 

刑の執行 秘密面会

以前も犯罪を犯して、仮釈放中に女性を殺害しているような危険人物に監視が付くのはおかしい事であるとは思いません。
世間には、社会に馴染めない人物もいるのではないでしょうか。

盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。