落雷事故で高校生死亡!

落雷事故で高校生死亡!

愛知県扶桑町斎藤の私立誠信高校で起こった落雷事故。
病院に運ばれていた野球部員の男子生徒は残念ながら亡くなったそうです。

今月6日、「雷がグラウンドに落ち、1人がけがをした」と110番がありました。
グラウンドでは、野球部の練習試合が行われており、マウンド上にいた同校2年生の男子生徒(17)が病院に運ばれ、
意識不明の重体でした。しかし、残念ながら7日午前0時半過ぎ、多臓器不全のため亡くなっています。
事件の当時、愛知県内には雷注意報が出ていました。6日午後から大気の状態が不安定になり、各地で落雷があったほか、
名古屋市などではゲリラ豪雨もあり、道路が冠水するなどの被害が起こっていました。

 

 

雷による死亡事故!

練習試合は6日午後0時40分に始まり、雨のため午後1時ごろにいったん中断し、
約10分後に青空が広がったため再開しました。その直後に雷が落ちたようで、投手だった被害に遭った生徒が倒れたという。グラウンドには野球部員ら約70人ほどがいたが、他の人にはにけがは無かったということです。

この高校によると、グラウンドを囲むネットの柱には、12本の避雷針が設置しており、
野球部の部長(51才)は、
「試合を再開した時は、遠くで雷鳴が聞こえたが、青空だったので、まさか雷が落ちるとは思わなかった」と話しています。
同高では発令中の雷注意報を把握していなかったそうです。

 

電気があるところに電磁波は存在します!

落雷による事故は、残念ながら毎年起こっています。
今回は、未来有望な高校生が落雷による被害で命を落としてしまいました。
大変残念な事故です。

落雷だけではなく、もっと身近な電気による電磁波の被害に苦しんでいる方がいます。
全く電磁波の影響を受けない生活は、今の日本ではほぼ不可能であると言っても良いでしょう。
電磁波の現状を知りたい方は、電磁波測定の調査依頼をしてください。
電磁波過敏症でお悩みの方も、ぜひ調査を行いましょう。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。