ひき逃げ事件 逃走

警官ひき逃げ 逃走

大阪市浪速区の市道で、交通取り締まり中だった大阪府警浪速署の50歳の巡査部長が軽ワゴン車にはねられて死亡した事件が起こりました。

大阪府警が、防犯カメラの映像や複数の目撃情報などから逃走した軽ワゴン車を特定し、事件に関係する車両はレンタカーだったことが分かり軽ワゴン車を運転していた人物の特定を急いでいます。

 

ひき逃げ 防犯カメラ

巡査部長は事件当日の午後4時ごろから現場で交通取り締まりをしていたところ、約90メートル離れた交差点で軽ワゴン車が禁止されている右折をしたことを確認しました。この車に停止を求めたが、同5分ごろ、急発進した軽ワゴン車にはねられたのです。

ひき逃げした軽ワゴン車が逃走した際には、現場から東の天王寺方面へ少なくとも約800メートル直進していたことも判明しています。
大阪府警捜査1課と交通捜査課は、殺人事件として浪速署に捜査本部を設置しました。

ひき逃げの被害に遭った巡査部長は、病院に搬送されたものの約7時間後に死亡してしまい、捜査本部は司法解剖して詳しい死因を調べる方針です。
巡査部長の上半身には強く圧迫された痕跡があり、防犯カメラに映る映像では、軽ワゴン車が倒れた巡査部長に乗り上げて走行する様子が記録されているそうです。この時に上半身を強く打ったとみられています。

 

防犯カメラ 監視カメラ

事件が起きた時には防犯カメラや監視カメラが活躍します。監視される気持ちにさせられる防犯カメラですが、事件の真相を知るには、今では欠かせないものになっています。

 
盗聴器発見調査や盗撮器発見調査、電磁波測定のは、アイ総合コンサルタントへご依頼ください。

トラブルの解決もご依頼ください。
土日祝日の調査もご相談ください。
※無料相談はしていません。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。