やり取り型サイバー攻撃

やり取り型サイバー攻撃!

パソコンそしてインターネット環境が無ければ生活が成り立たないと言う人も増えていますね。
企業なども同じような環境でしょう。
昔なら起こらなかった情報漏洩の心配が出てきています。
「やり取り型」のサイバー攻撃が進化し、問題になっています。
標的的なサイバー攻撃の手口の1つである「やり取り型」攻撃が、
8月から10月にかけて、国内の複数組織に対して行われていたことが分かりました。

 

偵察メールでウイルス送付

「やり取り型」攻撃とは、
まずお問い合わせメールなどを装った無害な“偵察メール”を送り付け、その後ウイルス付きのメールを送ってくるという攻撃です。
利用者のパソコンに遠隔操作ができるウイルスを感染させるのです。
そして、そのパソコンを起点に組織内部のネットワークへ侵入して情報を奪うということを目的としています。

攻撃メールの多くは、外部向け窓口部門などに対して送られています。
窓口担当者とのメールでのやり取りを行う過程でウイルスを開封させて受信者のパソコンへ感染させるように、
何度もメールを送信してくる執拗さが特徴です。

「やり取り型」攻撃は、この一年間、ほとんど確認されていなかったが、
今回8月から10月にかけ、再び、少なくとも国内の5つの組織に対して同等の攻撃が計7件発生したであろうことが分かっています。
注意が必要です。

 

本当に重要な情報はどうする!

インターネットを使う上で、情報の漏洩対策は大変難しくコストもかかります。
それは、今の世の中では仕方がないことであるのかもしれません。
インターネットは、ネット環境が整っていれば誰でもどこからでも利用できるメリットが、
反対のデメリットをもたらすことは考えられます。
徳島県の試みのように、東京の街中よりも徳島県の山間部の方がネット環境がスムーズであることが注目されています。
どこにいても、誰でもが狙われる可能性があるサイバー攻撃。
情報管理は必要不可欠です。

 

電磁波トラブル解決110番 依頼 お問い合わせ

電磁波測定調査のご依頼はお電話一本です。盗聴器発見調査や盗撮器発見調査もご一緒にご依頼いただけます。